Skip to content
Two people shaking hands

Beigene社とEnsem Therapeutics社、分化型CDK2阻害剤の開発に関する提携を発表

世界的なバイオテクノロジー企業であるBeiGene, Ltd. (NASDAQ: BGNE、HKEX:06160、SSE:688235)と、高価値かつ難治性のがん治療ターゲットに特化したバイオテクノロジー企業であるEnsem Therapeutics, Inc.(ENSEM)は本日、BeiGeneが治験新薬(IND)申請可能な経口サイクリン依存性キナーゼ2(CDK2)阻害剤の独占的グローバルライセンスを取得することで合意したと発表しました。

QurAlis社、神経変性疾患の精密医療を推進するため8800万ドルのシリーズB資金調達を完了

QurAlis社、神経変性疾患の精密医療を推進するため8800万ドルのシリーズB資金調達を完了

筋萎縮性側索硬化症(ALS)およびその他の神経変性疾患に対する画期的な精密医薬品を、遺伝子的に検証されたターゲットで開発している臨床段階のバイオテクノロジー企業である QurAlis Corporation は、本日、8800万ドルのシリーズB資金調達を完了し、調達資金の総額が1億4350万ドルになったと発表しました

赤ちゃんを抱くママ

Rallybioは、胎児・新生児期の自己免疫性血小板減少症を予防するための抗HPA-1aモノクローナル抗体「RLYB212」の概念実証を達成したことを発表

Rallybio株式会社(Nasdaq: RLYB)は本日、胎児・新生児免疫性血小板減少症(FNAIT)予防のための抗HPA-1aモノクローナル抗体であるRLYB212の第1b相試験において、臨床概念実証が達成されたことを発表しました。単回皮下投与から1週間後、RLYB212はHPA-1a陰性被験者において、輸血されたHPA-1a陽性血小板を迅速かつ完全に除去することができたという結果を示しています。

QurAlisは、ALSに対するファースト・イン・クラスのKv7精密治療薬であるQRL-101の第1相臨床試験でファースト・イン・ヒューマン投与を発表

QurAlisは、ALSに対するファースト・イン・クラスのKv7精密治療薬であるQRL-101の第1相臨床試験でファースト・イン・ヒューマン投与を発表

筋萎縮性側索硬化症(ALS)およびその他の神経変性疾患に対する画期的な精密医薬品を、遺伝子的に検証されたターゲットで開発している臨床段階のバイオテクノロジー企業であるQurAlis Corporationは、本日、ALSの興奮亢進誘発性疾患進行を治療するファースト・イン・クラスの選択的Kv7.2/7.3イオンチャンネルオープナーであるQRL-101(QRA-244)の第1相臨床試験で投与を開始したことを発表しました。

Back To Top
Search