Skip to content
赤ちゃんを抱くママ

Rallybioは、胎児・新生児期の自己免疫性血小板減少症を予防するための抗HPA-1aモノクローナル抗体「RLYB212」の概念実証を達成したことを発表

Rallybio株式会社(Nasdaq: RLYB)は本日、胎児・新生児免疫性血小板減少症(FNAIT)予防のための抗HPA-1aモノクローナル抗体であるRLYB212の第1b相試験において、臨床概念実証が達成されたことを発表しました。単回皮下投与から1週間後、RLYB212はHPA-1a陰性被験者において、輸血されたHPA-1a陽性血小板を迅速かつ完全に除去することができたという結果を示しています。

RallyBio会議室

Rallybioは自社の臨床プログラムにて胎児・新生児同種免疫性血小板減少症(FNAIT)を予防する肯定的データが得られた事を公表しました。

臨床病期バイオテクノロジー企業であるRallybio Corporation(Nasdaq:RLYB)は、重篤かつ難病と向き合う患者の人生を変えうる治療法の特定と開発の加速に尽力しており、今回RLYB211進行中の第1/2相試験でプラセボよりも多大な効果を示すデータを発表しました。

Rallybio News

RallyBioが上場

重度で希な疾患を有する患者のために、革新的な治療法の特定と開発の加速に取り組む臨床段階のバイオテクノロジー企業である、Rallybio Corporation(Nasdaq: RLYB)は、本日、普通株式713万株の新規株式公開(引受会社による普通株式93万株までの追加購入オプションの完全行使を含む)を1株当たり13ドルの公募価格で完了したことを発表しました。

Back To Top
Search